施工事例 WORKS

リフォームでウッドデッキを快適バージョンアップ!

那覇市 / U様邸
リフォーム

リフォーム内容

  • 内容

    ウッドデッキを樹脂製デッキへ取替。 風の強い沖縄では庇があってもお構いなく洗濯物を濡らしてしまう。
  • 建物の状態

    新築から十数年、、、そろそろ外装のメンテナンス時期
  • ご家族

  • 工期

    約1ケ月

リフォーム前のお悩み

担当させていただいた津嘉山からお伝えします。
沖縄は風が強いです。なんでも平均風速で全国1位だそうです。
年間を通して、常に風速5m近くの強風が吹いています。
(住み慣れた私達はそれが当然のことだと思っていました)

なので、沖縄の住宅は庇を大きくせり出している建物が多いですね。
困ったことに沖縄の風はその庇をもろともせず洗濯物を濡らしてしまいます。
今回は、そんな沖縄あるある事情でお困りのお客様からのご相談でした。

新築から十数年、そろそろ塗装のメンテナンスをお考えとのことで、雨と直射日光で劣化し始めたデッキの塗装の塗替えをご希望でした。
最初は塗装のお話で進んでいましたが、雨風と直射日光があたる部分は特に劣化が進んでて、塗装をしても10年またず一部取替の状況になりそうです。そこで、樹脂製(再生材)のデッキ材をご提案してみようと思いました。
樹脂製デッキの最大の特長は、メンテナンスをしなくても腐らないということです。
木製のウッドデッキというと、ペンキや防腐剤を塗ったりしなければいけないというのが面倒でネックになる部分だと思います。
オーナー様も「メンテナンスの回数が減るのは助かる!いずれは家を継承していく子供達へ一つ悩みが解消したね」とご夫婦で喜んでいただけました。
私達も長い目でお客様と共に見守っていければと思います。
施工事例一覧をみる
expand_less